tsudanatsuki.com
明日の社会と自分をちょっとだけ良くするブログ
JICA海外協力隊

【SDGs講演】「世界がもし100人の村だったら」ワークショップ・講演しました

こんにちは、津田ナツキ(@ntktd3713)です。

先日、都内の中学校の国際協力の日で、SDGsについての講演を行いました。

今回実施したのは、「世界がもし100人の村だったら」のワークショップです。この内容について書いていきたいと思います。

 

 

「世界がもし100人の村だったら」とは

「世界がもし100人の村だったら」という本をご存知ですか?

 

これは、世界に住む全ての人々を100人の一つの村として考え、現在の地球村の状況を学ぶもの教材として非常に有名なものです。国際理解教育の教材として非常に有名なもので、一度は聞いたり読んだりしたことがあるかもしれません。

 

 

「世界がもし100人の村だったら」の内容

 

「世界がもし100人の村だったら」の内容は、

  • 人口
  • 大陸別・国別人口
  • 男女比率
  • 高齢者の数
  • 子どもの数
  • 平均寿命
  • 言語

といった基本情報のほかに、

 

  • 電気が使うことができる
  • トイレが使うことができる
  • 屋根がある
  • 綺麗な水が飲むことができる
  • 読み書きができる
  • 飢餓で亡くなる
  • 栄養不足

というような私たち日本人にとっては普段考えることのないような項目も含まれています。

 

これは、世界全体を100人の縮図、パーセンテージにしたものであるので、世界の状況を分かりやすく学ぶことができます。

 

 

「世界がもし100人の村だったら」ワークショップの内容

 

ワークショップで使用した資料の一部を少しだけお見せします(作成者:津田によって最新版に修正しています)

 

 

 

ワークショップでは、グループでこれらの項目についてクイズ形式で考えます。

 

特に生活環境や教育、労働や貧困についての項目は、参加者の予想した数字と異なることも多く、世界の状況や課題を分かりやすく学ぶことができます。

 

 

 

一番重要なポイントは、全てのクイズを終えた後。

それは「私たちもこの村の住人であること」ということです。

 

 

ついつい、私たちが普段触れることのできない問題は、「外国で起こっていること」と捉えがちですが、このように世界を一つの地球村として例えることで、私たちも同じ村に住んでおり、この課題を地球村の一人として学び、受け止める必要があるということを学ぶことができます。

 

 

 

実施したワークショップ・講演について

 

  • 日時 2021年7月17日(土)
  • イベント名 町田市立真光寺中学校「第34回国際協力の日」
  • イベントテーマ「Protect a smile of 8 billion 〜80億人の笑顔を守ろう〜」
  • 参加対象 町田市立真光寺中学校3年生
  • 講演時間 70分(休憩10分を含む)
  • 講演タイトル 「SDGs達成のために、世界の現状を知って、中学生の私たちが今できることを考えよう!」

 

 

当日の講演・ワークショップの流れはこんな感じ。

講演・ワークショップの流れ

  • 傾聴ワークショップ
  • 大陸別・国クイズ
  • 「世界がもし100人の村だったら」ワークショップ
  • JICA海外協力隊活動、ルワンダのについての講演
  • SDGsについての講演
  • ワークショップ「わたし・わたしたちとSDGsをつなげよう」
  • 私たちができるSDGs講演

かなり盛りだくさんな内容を詰め込みました。

 

感想と参加者の反応は?

実は昨年度の「国際協力の日」イベントにも呼んでいただき、今回は真光寺中学校での2回目の講演。今年もSDGsを取り入れて欲しいとの要望がありましたので、SDGsの理解をさらに深めるために、今回初めて「世界がもし100人の村だったら」ワークショップを実施しました。明るく活発的な3年生のクラスで、ワークショプ・講演は非常に盛り上がりました。クイズやワークショップでも積極的に意見は発言をする生徒さんが多かったです。

100人の村ワークショップの後に実施した「SDGsとわたし・わたしたちを繋げよう」のワークショップでも、身近な課題をSDGsのそれぞれの目標と結び付け、今私たちに何ができるかということを考えることができたように思います。

 

講演をさせてもらうときに、ルワンダでの経験や世界の状況をお話しさせていただくことが多いのですが、今世界で起こっている課題は、遠くの国や発展途上国だけの課題と思われてしまう参加者が多くいるような気がしていました。SDGsについても日本人の私たちには関係のないというイメージを持たれている方も少なくないと思います。

 

▼SDGsについての記事はこちら

SDGs(エスディージーズ)を分かりやすく解説。中学生にもできるSDGsって?こんにちは!津田ナツキ(@ntktd3713)です。 今、新聞やテレビで何かと見かけることの多い、SDGs(エスディジーズ)。なん...

そこで、今回は私たちもこの地球村の一人であることを理解してもらうために、「世界がもし100人の村だったら」ワークショップを取り入れました。参加者アンケートでも、このワークショップの印象が強く、もっと知っていきたいという声も多く聞くことができ、非常に良かったです。何より参加者の皆さんの楽しそうに学ぶ様子がとても印象的でした。

 

 

真光寺中学校の皆さん、ありがとうございました。

 

真光寺中学校のホームページにて、ご紹介していただきました。

2020年度の国際協力の日講演についてもご紹介していただいております。是非ご覧ください。

 

 

 

 

2021年9月以降の講演・ワークショップの受付について

 

2021年9月より渡英するため、しばらくの間はオンラインでの講演・ワークショップのみ受け付けます。ご依頼は下記からお願いいたします。

お問い合わせ 下記の依頼については、お問い合わせフォームからご連絡ください。 講演・ワークショップ ライティング 取...

内容は下記の項目が対応可能です。

  • 国際協力
  • SDGs
  • 教育・福祉問題(日本・途上国・アフリカなど)
  • JICA海外協力隊活動について
  • ルワンダでの活動について

お気軽にご相談ください。

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ABOUT ME
津田ナツキ
世界の貧困をこの目で確かめる、ことを目的に青年海外協力隊としてルワンダで草の根活動中。ろう学校で教師として英語、情操教育を指導しながら、校内カフェレストランの立ち上げ、障がいに優しい街づくりを実践中。