Do the Rwanda!
tsudanatsuki.com
宮崎

新しい価値観を創造し、自分の人生と向き合うことができた3日間。KINAIYO!ツアーに参加しました!

 

どうも、こんにちは。
津田ナツキです。

 

 

平成30年9月の22日から24日までの3日間、
宮崎スタッフとして、KINAIYO!ツアーに参加してきました。

 

 

KINAIYO!ってなによ?

KINAIYO!とは、首都圏と宮崎の若者が出会う、繋がるプロジェクト。

あなたを彩る旅をしよう

をコンセプトに、

宮崎の関係人口を作ること
対話や体験を通して、自分と向き合い、人生を見つめ、自分らしさを明確にすること

を目的に、友人であるきょーちゃんを筆頭としたチーム、colorvanが運営しています。

 

 

KINAIYO!は、宮崎弁で、
「来ないよ!」
、意味は「おいでよ!という意味。

宮崎が大好きなきょーちゃんやcolorvanのメンバーの思いがぎゅっと、詰まったイベントなんです。

 

 

 

当日は関東や関西から24名の参加者が!

 

プログラムの内容は、

宮崎市の青島や日南市の鵜戸神宮、飫肥を観光したり、日南市の油津商店街を学んだり、藍染や焼酎づくり、SUPなどのアクティビティなど、盛りだくさん!

 

青島観光の写真

参加者から、「宮崎が好きになった!」

「また来たい!」

「移住先で宮崎が候補に!」

といった嬉しいお言葉も聞けました。

 

 

ツアーのポイントは、

地元の宮崎メンバーと一緒に移動すること

他者との対話に重点を置いていること

 

このポイントが、新しい価値観や自分の生き方を知ることに繋がります。

 

 

ツアーで気づいた、DOとしての自分

 

宮崎スタッフとして、宮崎観光の解説や、宮崎のいいところを紹介する役目を担っていた自分。

BEの肩書きワークショップでは、参加者と対話しながら、気づけたことがありました。

 

 

 

BEの肩書きワークショップとは

 

例えば、自分の名刺にある組織と役職名ではない肩書き

自分自身の人生を参加者と一緒に紐解き、

人生のそれぞれのシーンでの、思いや考えを肩書きとして導くものです。

ワークショップで導かれた自分の肩書きは、

『人を笑顔にする、ウォルト・ディズニー』

になりました(笑)

経緯は恥ずかしいので、津田まで直接聞いてくださいね。

 

 

このワークショップで、今までの自分の人生を見つめ直すことができました。

さらに、BEとしての自分の他に、DOとしての自分(自分が何をしてきたか、今何をしているか、今後何をしていきたいか)も考えることができました。

答えはまだまだ出ないけど、これからゆっくり考えていきたいな。

 

 

最高の思い出と、出会いのあったツアー

 

宮崎スタッフとして参加しましたが、改めて宮崎の良さにも気づくことができたと同時に、宮崎に自分が何を還元していきたいか、ということも考えることができました。

 

そして、宮崎を離れる前の最高の思い出になったことと、最高のメンバーに出会えたことは、これから自分の生きていく人生の財産となりました。

 

 

実はこのツアー、クラウドファンディングでも資金調達をしていて、

レポート記事にも協力させていただいてます。

 

その時の記事がこちら。

宮崎とルワンダで叶える、それぞれの夢ー津田ナツキ

こちらもお読みいただけると嬉しいです。

 

 

KINAIYO!が終わって、、

 

 

宮崎でのKINAIYO!ツアーは無事終焉を迎えました。

KINAIYO!の取り組みが、これからも全国各地に展開していくといいな、と思っているので、

colorvanのみんな、期待しています!笑

そして、一人でもまた宮崎に足を運んでくれるひとがいると嬉しいな。

 

 

 

参加者の人生が色鮮やかに彩られた、
平成最後の最高の夏が終わりました。

みんな、宮崎にKINAIYO!

 

 

ABOUT ME
津田ナツキ
世界の貧困をこの目で確かめる、ことを目的に青年海外協力隊としてルワンダで草の根活動中。ろう学校で教師として英語、情操教育を指導しながら、校内カフェレストランの立ち上げ、障がいに優しい街づくりを実践中。